何もしていない

何もしていないときは、何もしていないということを書く。 ああ。

何をどう作ればいいのだろうか

はっきり言うと Wizardry を作りたいです。 キャラクターを作成し、ダンジョンに潜り、敵を倒し、アイテム・お金を拾い、装備を整え、レベルを上げ、より深くダンジョンに潜る。 そういった型。ハックアンドスラッシュと言うのだろうか?

しかし Wizardry クローンは、幾度も作られている。同じものを作る気はないし、その能力もない。一切ない。私の制作能力としては、そもそもゲームを作ったことがない。そして Wizardry 本編を最後までプレイしたことがない。

ファミコンが全盛期の時代、子供の私には Wizardry は難しく、父や兄がプレイする大人のゲームだった。ファミコン版のオープニングを見ると、ただ憧れていたあの頃の感情が蘇る。

プラットフォームは iOS を考えている。 言語としてもちろん Swift。使用するフレームワークは CoreData や UIKit、SceneKit など、Apple が用意したものに巻かれていきたい。

さあ何から始めればいいのか。私には何もわからないのだ。

ほぼ詰んでいます

私の話をします。

小学生の時からゲームプログラマになりたかった。ずっと憧れていました。しかし10年ほど前に就職活動で失敗し、田舎の Web 系の制作会社に、Flash のエンジニアとして就職しました。

その間も自分のスキルセットを活かしてゲームの道に進むチャンスはあったのかもしれません。Flash ブラウザゲー、mixiソーシャルゲームガラケーでの Flash Lite もありました。手をこまねいている間に、Flash の流行は終わりましたが。

憧れだけを募らせ行動ができなかったのです。

しかし今は個人がゲームを配布する仕組みが整備され、制作者がどんどん生まれている時代だと思います。もう何年も遅いのですが、私もそこに参加したいと切実に思ってます。憧れだけを終わらせたいのです。

この10年仕事に必要なこと以外、労力を注ぎませんでした。一体ゲーム制作はどう進めるのか、能力は全然ありません。

ほぼ詰んでいます。